電報文例表紙に戻る

分類 No. 本文
おわび 6102 いつも心配かけて、ごめんなさい。面と向かうと素直になれないので、このメッセージに託します。本当に、ごめんなさい。
おわび 6109 酒席とはいえ度が過ぎてしまい誠に失礼いたしました。ご立腹とは存じますが、なにとぞお許しくださるようお願いいたします。
おわび 6110 犬も食わないケンカは、はやばやと停戦にしましょう。久し振りに会ったのに、ケンカをしてごめんなさい。つぎのお帰りを、首をナガーくして待っています。